FC2ブログ
2018.08.06

ローマ郊外チェルベトリのワイナリー訪問

イタリアにはワイン用の葡萄の種類、は1000種以上あります。
各地域により土壌、風土が異なり、土地に最も適した葡萄を
栽培しています。
地元の方にとっては生まれ育った大地で作ったワインはもっとも
体に合い、一番好まれるワインでありリーズナブルな価格です。
しかし、海外の方が好むとは限りません。
より多くワインを得るためにはグローバルな人気のワインを
作らなければ売れません。
例えばカベルネ、シャルドネとか.....土壌改良してでも。
それでも頑固に地元に愛されるワインを作っているのが
こちらチェルベトリ産のワインです。

11-resize.jpg

チェルベトリはローマ時代以前の古代エトルリア文明時代に栄えた土地で
古代よりワインを造っていました。

budou.jpg

土壌はミネラルが豊富で葡萄栽培に適し、
クオリティの高いワインが産まれてます。


GIACCHE VERTICALE-resize

チェルベトリ地方のワイナリーはローマ郊外にありますが
主にチビタヴェッキア港に着く大型クルーズ船の外人観光客に
ワイナリー見学ツァーとして人気です。

ローマナビネットはイタリア各地の人気ワイナリーにご案内しています
イタリアの田舎訪問などと併せてお薦めする日帰りプランです。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する