FC2ブログ
2021.03.03

イタリアの新型コロナウイルスCovid-19のワクチン接種

イタリアでは新型コロナウイルスCovid-19のワクチン接種が昨年末
より始まっています。

イタリアはPCR検査は簡単で無料で受けることができます。
ワクチン接種の日程は年内に国民全体に接種終了を予定です。
(強制ではありませんが、接種していないと移動が制限されますことも)

(ワクチン接種行程)
①(1~3月)医療関係者と80歳以上の高齢者(国民の5%)
②(4~6月)60~79歳の人、免疫不全のある人や持病のある人、
  障がい者(国民の15%)
③(7~9月)エッセンシャルワーカー(生活業務従事者)、刑務所(国民の50%)
④(10~12月)残りの人々(国民の90%が接種済みになる見通し)

在留外国人も居住地域のホームドクターを通して通知が届くシステムです。
(在留外国人は滞在許可証を取得する時に国民健康保険加入義務があり
居住地域のホームドクターに個人情報は一括管理されます。)
*接種の有無を口外するのは禁じています。

実情は 
大量の注射器の針のサイズを間違えていたり、 
 イタリア北東部の地方の一部ではワクチン接種に反対する人が多く
右派政党「同盟」の党首はワクチン接種反対を表明しています。
ワクチン接種に賛成の国民は65%です。
・・・・・そんなわけで必ずしも順調に進んでいません。

バチカン市国では
フランチェスコ教皇とラッツィンガー名誉教皇の2人が揃ってワクチン接種
を行いました。
フランシスコ教皇は「倫理的に誰もがワクチンを接種しなければならない」
と表明ました。



p2_20210303094640227.jpg
ローマのポポロ広場前に設置されたワクチン接種仮設施設

ワクチン接種に向け、著名建築家ステファノ・ボエリ氏のデザインによる
仮設施設が全国各地の広場など1500カ所に設置されます。




o1.jpg
ワクチン接種仮設施設
施設は内側が木造、外側が布張りになった円形の建物で、
上部の大きなサクラソウのマークはボエリ氏は「平穏と再生を象徴している」と説明

Posted at 10:13 | 最新情報 | COM(0) |
2021.01.22

ローマ・オリンピック

ローマでオリンピックが開催されたのは1960年、
ローマの次が1964年東京オリンピックでした。
実は2020年に再びローマでオリンピック開催を立候補していましたが
経済的に困難との理由で早々に辞退していました。
止めて正解でしたね。


1960 オリンピック
1960年のコルソ通りのローマ・オリンピック風景



138655636_10224454108444464_3029589315789585851_o.jpg
ローマオリンピックのメダル


abebe.jpg

ローマオリンピックで世界的に話題になったのは裸足で力走した無名の
アベベ・ビキラのマラソン中継です。(今でも動画で見ることができます)
1964年の東京オリンピックでは競技の6週間前に盲腸で入院
万全の体調でなかったのに見事に金メダルを獲得しました。
近代オリンピック史上、マラソンの種目で二連覇はアベベが初めての快挙。
以後オリンピックのマラソン競技で世界(最高)記録を
樹立したランナーは出現していません。



olinpick 2020

ローマオリンピックを2020年に開催する予定で建設した
競技施設。財政難を克服して昨年12月にやっと完成しました。

ローマナビネット
はガイドブックに紹介されていない話題や
観光名所をご案内します。

Posted at 11:35 | 最新情報 | COM(0) |
2021.01.18

イタリアの非常事態宣言は4月末まで!?


昨年秋からのコロナ感染拡大収束の見通しが困難により
4月末まで非常時代宣言を延長との報道です。
1日1万5千の感染者数、8万人を超える死者。
午後6時以降の飲食店の店内営業の禁止
州をまたぐ移動を2月15日まで延長
スキー場は全土で2月15日閉鎖とのことです。


sinagoge.jpg
シナゴーグ大神殿と満月


欧州連合(EU)の資金を活用した復興予算の
( EU首脳会議で最大額の コロナ支援金が付与されているのに)
 使い道などを巡り元首相のレンツィと現首相のコンテが
対立して2閣僚が辞任するなどゴタゴタ内紛により
肝心の救済、支援、補償が十分にできていません。

trevi.jpg
観光客が消えた、トレビの泉


ご参考に隣国のオーストリアでは潤沢な補償内容はこちらです。
きっちと復興予算を活用すればこんなハッピ-になれるでしょう。


イギリスではワクチン効果を期待して夏の旅行予約が
活気を呈しているようです。イタリアも夏には旅行できるといいなぁ~。



Posted at 12:32 | 最新情報 | COM(0) |
2020.12.25

イタリア旅行を楽しめる本

コロナ禍でしばらくイタリア旅行できそうもないから
図書館でイタリアの旅関連の本を借りて旅のイメ-ジをしながら楽しんでます。
とっても役に立った本はこちら 👇

踏破の旅
3,800円と高価だけど、447ペ-ジとっても充実!
イタリア全土の「最も美しい村」を隅々まで
5年の歳月をかけて230の村を丁寧に取材しています。
魅力溢れる美しい写真と村の紹介が満載。
こんな村に訪れたいって、次の旅行が楽しみ!
イタリアの小さい村は人々が素朴、街並みが美しい
田舎料理と地ワインはウマくて安い。
疲れた心と体を癒すにはイタリアの田舎巡りがお薦め。

c0206352_052667.jpg
①ラツィオ州・カプラローラ 278p
五角形の要塞の庭から丸い空を眺めることができます
堅固な要塞が美しい貴族のヴィッラ(別邸)
1559年に栄えた中世のファルネーゼ宮殿が必見


51341373_2244030138974914_1181324660206206976_n.jpg
②アブルッツオ州・スカンノ 326p
標高1050mの山肌の斜面に立ち並ぶ石造りの住宅群を見たい
17~18世紀に繁栄した村



gallery-Small-394.jpg
③ウンブリア州・モンテファルコ 275p
ワインの産地として有名だがサンフランチェスコ教会の
フレスコ画が必見ペルジーノ「キリスト降誕」ゴッツォリ
「サンフランシスコの生涯」がお薦め。



panicae rafaero
④ウンブリア州・パニカーレ 272p
ルネッサンス期の芸術作品が多く残っている
ペルジーノ 「聖セバスティア-ノの殉教」ラファエロ「王座の聖女」など
丘の上からのトラメジーノ湖の眺めが美しい。


ローマナビネットはガイドブックに載っていない魅力に溢れた
楽しい思い出に残るイタリア旅行のご案内、サポ-トをいたします。
1日も早く、安心&安全な旅行ができるよう心より祈ります。
Posted at 05:21 | 最新情報 | COM(0) | TB(0) |
2020.12.23

コロナ感染拡大のイタリアのクリスマス

イタリアは感染力の強い新型コロナウイルスの変異種が拡がり
  直近1カ月間の死者数は約2万人にのぼりました。
楽しみのクリスマスやお正月の間は残念ながら静かにオウチで。
イタリア全土でロックダウン(都市封鎖)の日程。
 生活に必須でない店舗は24~27日、31~1月3日、同5~6日に閉鎖。
これらの日は仕事のほか、通院や緊急の場合のみ外出が許される。
(*連続にしないのはクリスマス、お正月の料理に買い物、準備期間)
 不要不急の外出は禁止する。飲食店はテイクアウト営業と宅配のみ認められる。
クリスマスやお正月に自宅に親戚や友人を招くのは二人まで。
イタリア各地やヨ-ロッパの町で開かれるクリスマスマ-ケットは
今年は中止せざる得ないでしょうね。

イタリア旅行は当分お預け、クリスマスイルミネーションの写真をお楽しみください。

IMG_1294-resize_20201223145003787.jpg
ヴェネチア広場(2019)



vatican19.jpg
ヴァチカン・サンピエトロ大聖堂(2019)



mil19.jpg
ミラノ(2019)




sale1.jpg
南イタリア・サレルノ(2015年)



recce.jpg
南イタリア・レッチェ


続きを読む
Posted at 14:59 | 最新情報 | COM(0) |
2020.10.26

新型コロナ感染再拡大 イタリア

イタリア(欧州)は長いサマ-タイムが終わり夜が長い
冬時間になりました。

borugese-resize.jpg

ボルゲ-ゼ公園は少しづつ秋色に染まり始めています。
絶好の旅行日和なのに足止めはつらいですね。


demo_20201026133614391.jpg

欧州ではコロナ感染拡大の第二波が押し寄せています。
イタリアは感染者数が急上昇しており1日2万人を超えました。
冬よりも早いスピ-ドで感染しています。
映画館は閉鎖、レストランは18時で閉店、
北イタリアは23時過ぎの外出は禁止です。
ナポリではデモ隊数百人と警察が衝突し
夜間外出禁止措置の抗議デモがありました。



kodomo.jpg

学校は体温チエック、手洗い、マスク着用を徹底して
再開しましたが、知り合いの学校では一人の生徒が
陽性になり、すぐに休校になりました。


年末の最大イベントクリスマスはどうなるのだろう?



Posted at 13:42 | 最新情報 | COM(0) |
2020.07.17

イタリアのGo to キャンペーン  !

日本では旅行業界への需要喚起、地域の活性化の対策として
Go to トラベルがスタ-トしますが、イタリアのGo to キャンペーンは
国内旅行に補助金が支給されます。
長期間のロックダウンから解放されバカンスしてくださいと。
イタリア人にとって夏の長期バカンスは1年間の最大イベント!。
海へ山へ、別荘へと... Go Go !


P5122610_convert_20150513224801_20200717100225d84.jpg

海外旅行は避け国内で消費を促す目的もあり
ホテル、アグリツ-リズモ、キャンプ地など宿泊施設の
利用に最大500ユ-ロまでの(約6万円)までの補助金が出ます。
家族構成数、財産、年収等などの条件や複雑な手続きがあります。
宿泊施設が先に負担し、その後に長期間にかけて還金になります。



P8062182_convert_20140808154410_202007171002267e7.jpg

やっと補助金利用の資格が降りても...
すでに各施設は、満室が多く探すのはタイヘンです。
交通費も工面できない庶民には遠い夢ですね。
バカンス時期は空き巣にご用心!。

Posted at 10:17 | 最新情報 | COM(0) |
2020.05.01

コロナ禍で演奏で励ますイタリアの音楽♪

「音楽で心を開放して安らいでほしい」とヨーロッパを代表する音楽家たちが
全魂を込めて演奏しています。耳を傾けてください。優しく和みます。

①バイオリンの世界的名器を生んだ町イタリア北部クレモナで
バイオリンの調べが響き渡った。新型コロナウイルス患者への
治療の最前線の病院からの依頼を受け、バイオリニスト横山令奈さんは
病院の屋上演奏した。医療従事者への感謝と、
患者たちが再び音楽や芸術を楽しめる日が来るよう祈りを込めたという  


https://www.youtube.com/watch?v=af1c_zEemvQ&list=RDaf1c_zEemvQ&start_radio=1&t=10

②北イタリアの町ベルガモではコロナウィルスによる犠牲者が数多く出ました。
現地の作曲家が医療従事者を支援しようと、 “Rinascero Rinascerai”
日本語に訳すと「私は生まれ変わる、あなたも蘇る」という曲を作り、
その著作権をベルガモ市民病院に寄付しました。
YouTubeで再生されると、その度に広告や著作権などの全ての収入がベルガモの
医療崩壊を救うための寄付金となり、現地支援になります。




http://www.youtube.com/watch?v=D5DhJS5hGWc  

③イタリアを代表する全盲のテノール歌手、アンドレア・ボチェッリ氏が
4月12日のイースターにミラノ市内の大聖堂で
無観客コンサートを開催新型コロナウイルスの感染拡大によって、
世界各地でロックダウンを強いられている人々に対し、
ボチェッリ氏は希望のメッセージを送った。
ボチェッリ氏は、「私は共に祈る力を信じている。『復活』を信じている。
今こそ誰もが本当に必要としていることだから」と。


https://www.youtube.com/watch?v=huTUOek4LgU  


④チェリスト=ハウザーの故郷クロアチアの古代ロ-マ時代の古代円形劇場での特別演奏医療従事者のみならず感染拡大防止のため外出自粛により不安な日々を耐える全ての人々に、緊張からの解放と安らぎの時間を音楽で提供できたら…強い願いが込められています。「かつてない困難に直面している今、人間の精神の強靭さを感じます。懸命に生命を救おうとする人々、
それぞれの持ち場で最前線に立ち、また感染防止のため家にとどまる人々の中にもその強さは表れています。
私たちは距離を保ちながらも希望を持って、
共にこの大変な局面を皆で乗り越えていきましょう!」


HER FROM ARENA PULA』
https://youtu.be/5eYuUAV4YE4
演奏された曲は下記5曲
① ベネディクトゥス(ジェンキンス)
② G線上のアリア(バッハ)
③ カヴァレリア・ルスティカーナ(マスカーニ)
④ カルーソー(ルーチョ・ダッラ)
⑤ 誰も寝てはならぬ(プッチーニ)

「今世界に必要なのはこれらのメロディ。
魂と心を込めて、チェロで演奏したこの音楽なんだ」
とアーティストとしての使命感を語っています。
Posted at 19:44 | 最新情報 | COM(0) |
2020.04.28

イタリアは少しづつ緊急措置を緩和します。

イタリアは外出禁止などの規制を緩和する方針を発表しました。
5月4日から公園を解放、レストランの持ち帰り営業を認め,
18日からは美・博物館の再開。
飲食店と美容室の営業は6月1日から認める。
学校は9月まで休校。
移動の際に目的地や理由を記入する「証明書」は引き続き義務づける。
同じ州内にいる親族を訪問することは、5月4日から認められる。
製造業や建設業も再開許可。
1メートル以上(スポーツでは2メートル以上)の距離を空け、
屋内や公共交通機関など閉鎖された空間ではマスクの着用を義務づける。

*イタリアのマスクの値段:一律1枚0.5ユーロ(約60円)です。
マスクにかかる付加価値税を免除しました。(日本は+消費税10%)

*気が緩んで第二波が押し寄せないことを祈ります。
世界も注視することでしょう。


4h-resize.jpg
フレッシュなフル-ツや野菜は朝市で買うのが日課です。
買い物客はまばらです。


3r-resize.jpg
車や人が途絶えた道路にマガモの親子が散歩しています。


1r-resize.jpg
人影ゼロのナボ-ナ広場



2r-resize.jpg
ナボ-ナ広場の石畳の隙間から草たちが春を謳歌しています。



Posted at 10:14 | 最新情報 | COM(0) |
2020.04.09

お薦め記事のご紹介:「ロックダウン中のイタリアから「封鎖生活」リアルレポート」

私の友人のイタリア在住日本人女性ジャ-ナリストのイタリアの
新型コロナ感染についての掲載記事を紹介します。
イタリアに新型コロナ感染の広がり、イタリア人のコロナ感染化ロックアウトの
生活について適格にレポ-トされています。
日本のマスコミの多くはイタリアがコロナ感染を広げた原因は中国とビジネスを
広く展開したからと報道していますが間違いであり安直に結論を出している。
医療崩壊も間違いで、迅速に適切に治療に励んでいる。
なによりもイタリア人はエゴに走らず老人や社会的弱者を思いやり、
助け合い、励まし合う。
そして責任感、使命感がとても強い...ということ!イタリア人を見直しました。

20200405_Y03-resize.jpg


是非、こちら「ロックダウン中のイタリアから「封鎖生活」リアルレポート」をお読みください。



Posted at 15:36 | 最新情報 | COM(0) |