FC2ブログ
2021.03.31

イタリアのサマータイムは今年が最後です。

イタリアは3月28日から10月31日までサマータイム です。
1916年より省エネ対策として導入されていました。
電力の節約、CO2削減に効果はありましたが、時間変更により睡眠不足など
体調を壊す原因にもなりEUの調査では84%がサマータイム に反対との結果で
 今年が最後のサマータイムになりました。  
 10月に標準時間に戻した後は再びサマータイム の実地ありません。



201810300900402a8_20210330152227d10.jpg

早寝早起きの私にはサマータイムが体に合っていたのですが
1時間のズレの調整が難かしい人には辛かったのでしょう。



151422149_3722582174462164_4069827028887122724_o.jpg

夕刻の水道橋、サマータイムなら20時半頃がこの暗さになります。


20181030090041130_20210330152230a09.jpg

夏時間だと21時過ぎないと暗くならないのでイルミネ-ションツァ-のご案内が
遅くなってしまう問題もありました。

Posted at 12:55 | 季節の話題 | COM(0) |
2021.03.25

ローマでお花見を楽しむ♪

イタリアはコロナ変異種の広がりにより感染者数が再び上昇し感染者数は2万人を超え
毎日の死者数は500人近くになり再びロックダウンになりました。
自然はコロナに関係なくイタリアにも春が訪れています。
ローマや近郊の満開の桜をご紹介します。

eur.jpg
ローマ在住の日本人のお花見の名所
EUR地区の湖畔沿いの桜


ユダ
フォロロマ-ノの古代遺跡内で咲くユダの樹



orcia.jpg
オルチャ渓谷のア-モンドの樹



スポレート
スポレートの水道橋の上に咲く桜です。


garden-of-ninfa-rome-resize_20210325202450c82.jpg
ロ-マ近郊(50km)のニンファ庭園は“世界一ロマンティックな美しい庭園

ロ-マナビネットはガイドブックに載っていないとっておきのご案内します。
コロナ収束後が楽しみ!

Posted at 19:16 | 季節の話題 | COM(0) |
2020.12.17

コロナ禍のローマのクリスマス

今年のクリスマスはコロナ禍の影響で静かです。
イタリアへの観光は暫くは難しいですね
ローマのクリスマス風景の写真でお楽しみください。


vn.jpg
ヴェネチア広場の巨大ツリ-


spain.jpg
スペイン広場
12月の積雪はローマでは珍しいです。

nav.jpg
ナボ-ナ広場では毎年、クリスマス市場が開催されていましたが
数年前から大幅に出店が減り、今年はコロナ禍で開催は危ぶまれてます。


spxx.jpg
バチカン・サンピエトロ寺院
約28mの巨大ツリ-。
24日のバチカン・ローマ教皇のクリスマスイブのミサは
参加者を大幅に制限してオンラインミサになります。




1roku.jpg
2014年のヴェネチア広場のクリスマスイルミネーション
毎年デザインが変わりますが、私はこの年の灯りが優しさに溢れ好きです。

Posted at 14:44 | 季節の話題 | COM(0) | TB(0) |
2019.07.04

夏のバカンス

イタリア人のサマーホリデーィは平均して40日間くらいとります。
ローマの夏は40度を超える日も珍しくなくクーラーの無い家はタイヘン
避暑地でノンビリバカンスが定番
異常気象でバカンス先も40度超えの猛暑で避暑にならないこともありますが...
若い時はギリシャのエーゲ海の島でバカンスしてましたが
数年はイタリアの田舎でノンビリ過ごしたりていました。



20190628_171339-resize.jpg

北イタリアのアオスタ渓谷
涼しいはずが40度の猛暑でしたが...
空気はカラッとして日陰は涼しいです。
周囲に古城やテルメ(スパ)があり楽しく過ごせる町です。


20190627_123728-resize.jpg

湖畔沿いをトレッキング。


20190628_160155-resize.jpg

イタリアらしくないチロル風の宿が多く、言葉もドイツ語の方が通じます。
イタリアの田舎やガイドブックに載っていない町もご案内します。

ローマナビネットまでお問い合わせください。

Posted at 13:18 | 季節の話題 | COM(0) |
2019.04.28

イタリアは初夏の旅行がお薦め

イタリアの旅行のベストシーズンは春から初夏の頃です。
季節の花々が咲き、暑すぎなく、寒くなく街歩きが楽しくなります。


P5120064-resize.jpg

ワイナリーで咲いていた野生のカモミール
ハーブとしての効能は心身をリラックスさせる効果があり不眠症を改善します。


P8152373-resize.jpg

連休期間は大混雑のコロッセオ、入場予約はすでに満員御礼です。
入場数制限があります。
私が学生時代に訪れた時は、無料で自由に入ることができたのに.......,


P8252487-resize.jpg

テーベレ川
夏は川畔に露店が出て賑わいます。

ローマの町の散策のお手伝い! ローマナビネットをググってください。


Posted at 15:16 | 季節の話題 | COM(0) |
2019.02.27

ローマでお花見のお薦め!

ローマもだいぶ温かくなってきました。
ローマの春はミモザ、ユダの樹、プラムなどの花が咲きだし
桜の花が開花します。春のイタリアお薦めです。

a-monndo.jpg
アッピア街道沿い遺跡公園内、 アーモンドの花です。


4_201902271520501b4.jpg
フォロロマーノ遺跡内、ユダの樹



3sak.jpg
トラステーヴェレ地区、植物園内、ユダの樹とアーモンドの樹



sakura1.jpg
EUR地区 桜並木、ローマ在住日本人の花見の名所です。

ローマナビネットはガイドブックに載っていない隠れ名所にご案内します。
Posted at 15:30 | 季節の話題 | COM(0) |
2019.01.06

1月6日はベファーナの祝日です

日本に根付かなかったイタリアの行事の一つにベファーナがあります。
イタリアではクリスマスより大切なイベントです。


東方の三博士がイエス・キリストの生誕を祝いにベツレヘムへ
向かう途中、立ち寄った村で老婆に一夜の宿を求めた。
彼女は村で一番の家政婦だと聞いた三博士は彼女に神の子の誕生を
一緒に祝おうと旅に誘うも、彼女は多忙を理由に断った。
彼女は三博士が旅立った後にそれを後悔しその後を追ったが
神の子の元にはたどり着けなかったと言う。それ以来、
彼女は神の子を探してさすらっている、というのがベファーナの謂われである。
明るい光(ベツレヘムの星)を道標と考えた彼女は
イエスのための焼き菓子をバッグに詰め込み、
イエスの母へ贈る箒と共に持って旅に出るもイエスの元にたどり着けず、
未だに贈り物を持ったまま彷徨っているという。(wikipediaより抜粋)

1月6日の祝日はキリストの公現を祝う公現祭です。
冬至の太陽が再び力強い生命を持つ日を新年とし、太陽が再生することを
イエス・キリストの誕生になぞらえた、という説もあり、
ヨーロッパ各地の様々な信仰と想いがひとつとなった祝祭でもあります。

DSC05895_201901061031323cf.jpg

毎年1月6日(日)のエピファニアの日に、その年に良い子だった子供には、
素敵なプレゼント、悪い子だった子供には靴下に炭を入れていくと伝えられ
イタリアの子どもたちはプレゼントを楽しみに1月6日を過ごします。
1月6日はイタリアは公現祭(Epifania)の祝日になりますが
日本のように振替休日にならないので日曜と重なり残念な年もあります。
6日を過ぎるとクリスマスデコレーションは片付けられます。


Posted at 10:44 | 季節の話題 | COM(0) |
2018.12.25

イタリアのクリスマスケーキがお薦め!

イタリアのクリスマスで日本まで普及していないのは....
先日ご紹介したプレセピオ(キリスト降誕の舞台の復元)
そしてイタリア人の好物のケーキ
クリスマスから新年にかけて食べるケーキ
ミラノ発祥のパネットーネ(オレンジやレーズンの
ドライフルーツが入ってます)

IMG_2495-resize.jpg




ヴェローナ発祥のパンドーロ(カステラみたいだけど
カステラより甘くバニラの香りがします)
パウダーシュガーをまぶして飾ります。
フワフワして食べやすくて美味しい
ウイーンの発祥らしいです
pandoro-300x300-resize.jpg


どちらもイタリアのスーパーで10~30ユーロ前後です
クリスマスを過ぎると30%安く新年を過ぎると
50%~70%割引になり買いやすくなります。
ケーキ店やパン店の自家製は少し割高ですが美味しいです。
胸やけがしないです。
シチリアの村では50ユーロもするパンドーロが飛ぶように売れるとか?
一度食べてみたいです。
Posted at 10:55 | 季節の話題 | COM(0) |
2018.12.22

イタリアのクリスマスデコレーションって

イタリアはクリスマスツリーより大切な飾りつけは
プレゼピオ(Presepio)です。
キリスト降誕を人形で再現するジオラマです。
教会や広場に飾ります。
12月中旬以前からエピファニア(御公現の祝日、1月6日)まで展示
日本ではあまり見られないクリスマスの習慣です。
日本の雛人形飾りに少し似ているかも。

v1_2017122109165850c_201812221350015a0.jpg

バチカン(サンピエトロ寺院広場)の展示
2017年です。 ポーランドから運びました
毎年各都市から選りすぐって展示します。


IMG_2379-resize_2018122213500292d.jpg

今年は? テラコッタではありません。なんのコッタ?
ヴェネチァ近郊のJESOLOの町では毎年砂を固めてプレセピオを作ります。
今年はヴァチカンまで砂を運び再現されました。



南イタリアのマテーラでは町全体でキリスト降誕の時代を
村の人々が演じて再現しています。
まるで映画みたいです。

ローマナビネットはガイドブックに紹介されていない
隠れ家スポットをご案内します。



Posted at 14:17 | 季節の話題 | COM(0) |
2018.12.11

ローマ・ヴェネチア広場のクリスマスツリー

12月も10日が経ちまして町にはクリスマスツリーの飾りつけが始まりました。
日本の様に派手さはないけどイタリアらしくて好きです


IMG-20181211-WA0000-resize.jpg
ヴェネチア広場前のツリー

IMG_2216-resize.jpg


ローマの主要名所でのクリスマスツリー巡り
ローマ・イルミネーション散策ツァーもお薦めです。
ローマナビネットまでお問い合わせください。

Posted at 20:38 | 季節の話題 | COM(0) |