FC2ブログ
2019.02.27

ローマでお花見のお薦め!

ローマもだいぶ温かくなってきました。
ローマの春はミモザ、ユダの樹、プラムなどの花が咲きだし
桜の花が開花します。春のイタリアお薦めです。

a-monndo.jpg
アッピア街道沿い遺跡公園内、 アーモンドの花です。


4_201902271520501b4.jpg
フォロロマーノ遺跡内、ユダの樹



3sak.jpg
トラステーヴェレ地区、植物園内、ユダの樹とアーモンドの樹



sakura1.jpg
EUR地区 桜並木、ローマ在住日本人の花見の名所です。

ローマナビネットはガイドブックに載っていない隠れ名所にご案内します。
Posted at 15:30 | 季節の話題 | COM(0) |
2019.01.06

1月6日はベファーナの祝日です

日本に根付かなかったイタリアの行事の一つにベファーナがあります。
イタリアではクリスマスより大切なイベントです。


東方の三博士がイエス・キリストの生誕を祝いにベツレヘムへ
向かう途中、立ち寄った村で老婆に一夜の宿を求めた。
彼女は村で一番の家政婦だと聞いた三博士は彼女に神の子の誕生を
一緒に祝おうと旅に誘うも、彼女は多忙を理由に断った。
彼女は三博士が旅立った後にそれを後悔しその後を追ったが
神の子の元にはたどり着けなかったと言う。それ以来、
彼女は神の子を探してさすらっている、というのがベファーナの謂われである。
明るい光(ベツレヘムの星)を道標と考えた彼女は
イエスのための焼き菓子をバッグに詰め込み、
イエスの母へ贈る箒と共に持って旅に出るもイエスの元にたどり着けず、
未だに贈り物を持ったまま彷徨っているという。(wikipediaより抜粋)

1月6日の祝日はキリストの公現を祝う公現祭です。
冬至の太陽が再び力強い生命を持つ日を新年とし、太陽が再生することを
イエス・キリストの誕生になぞらえた、という説もあり、
ヨーロッパ各地の様々な信仰と想いがひとつとなった祝祭でもあります。

DSC05895_201901061031323cf.jpg

毎年1月6日(日)のエピファニアの日に、その年に良い子だった子供には、
素敵なプレゼント、悪い子だった子供には靴下に炭を入れていくと伝えられ
イタリアの子どもたちはプレゼントを楽しみに1月6日を過ごします。
1月6日はイタリアは公現祭(Epifania)の祝日になりますが
日本のように振替休日にならないので日曜と重なり残念な年もあります。
6日を過ぎるとクリスマスデコレーションは片付けられます。


Posted at 10:44 | 季節の話題 | COM(0) |
2018.12.25

イタリアのクリスマスケーキがお薦め!

イタリアのクリスマスで日本まで普及していないのは....
先日ご紹介したプレセピオ(キリスト降誕の舞台の復元)
そしてイタリア人の好物のケーキ
クリスマスから新年にかけて食べるケーキ
ミラノ発祥のパネットーネ(オレンジやレーズンの
ドライフルーツが入ってます)

IMG_2495-resize.jpg




ヴェローナ発祥のパンドーロ(カステラみたいだけど
カステラより甘くバニラの香りがします)
パウダーシュガーをまぶして飾ります。
フワフワして食べやすくて美味しい
ウイーンの発祥らしいです
pandoro-300x300-resize.jpg


どちらもイタリアのスーパーで10~30ユーロ前後です
クリスマスを過ぎると30%安く新年を過ぎると
50%~70%割引になり買いやすくなります。
ケーキ店やパン店の自家製は少し割高ですが美味しいです。
胸やけがしないです。
シチリアの村では50ユーロもするパンドーロが飛ぶように売れるとか?
一度食べてみたいです。
Posted at 10:55 | 季節の話題 | COM(0) |
2018.12.22

イタリアのクリスマスデコレーションって

イタリアはクリスマスツリーより大切な飾りつけは
プレゼピオ(Presepio)です。
キリスト降誕を人形で再現するジオラマです。
教会や広場に飾ります。
12月中旬以前からエピファニア(御公現の祝日、1月6日)まで展示
日本ではあまり見られないクリスマスの習慣です。
日本の雛人形飾りに少し似ているかも。

v1_2017122109165850c_201812221350015a0.jpg

バチカン(サンピエトロ寺院広場)の展示
2017年です。 ポーランドから運びました
毎年各都市から選りすぐって展示します。


IMG_2379-resize_2018122213500292d.jpg

今年は? テラコッタではありません。なんのコッタ?
ヴェネチァ近郊のJESOLOの町では毎年砂を固めてプレセピオを作ります。
今年はヴァチカンまで砂を運び再現されました。



南イタリアのマテーラでは町全体でキリスト降誕の時代を
村の人々が演じて再現しています。
まるで映画みたいです。

ローマナビネットはガイドブックに紹介されていない
隠れ家スポットをご案内します。



Posted at 14:17 | 季節の話題 | COM(0) |
2018.12.11

ローマ・ヴェネチア広場のクリスマスツリー

12月も10日が経ちまして町にはクリスマスツリーの飾りつけが始まりました。
日本の様に派手さはないけどイタリアらしくて好きです


IMG-20181211-WA0000-resize.jpg
ヴェネチア広場前のツリー

IMG_2216-resize.jpg


ローマの主要名所でのクリスマスツリー巡り
ローマ・イルミネーション散策ツァーもお薦めです。
ローマナビネットまでお問い合わせください。

Posted at 20:38 | 季節の話題 | COM(0) |
2018.10.31

イタリア...記録的な暴風雨被害です

【パリ時事】AFP通信によると、イタリア各地で29日から記録的な大雨や強風、
大雪など悪天候に見舞われ、「水の都」として知られる北部ベネチアでは同日、
豪雨の影響で水位が一時、1メートル56センチまで上昇した。
観光名所のサンマルコ広場は冠水のため閉鎖された。

v3_20181031092106a91.jpg


イタリア全体では人が海岸で大波にさらわれたり、土砂崩れに巻き込まれ
30日までに11人が死亡した
伊治安当局者はAFP通信に「過去50~60年で最も複雑な気象状況に
置かれている」と語った。 (毎日新聞より抜粋)


IMG-20181030-WA0000-resize.jpg
ローマのコロッセオからの雲空

12141574_934729479931612_1693386298245893888_n_20181031092721041.jpg
天空の街チビタディバニョレッジョへの橋は特に、風雨が激しく
飛ばされそうな勢い!



旅行を予定されている方訪問都市の天気情報を
事前に確認してください。

Posted at 09:29 | 季節の話題 | COM(0) |
2018.10.30

サマータイムの終わり

ヨーロッパのサマータイムは10月末の日曜で終わり
3月末まで冬(通常に)の時間になります。
夜がとても長くなり、オペラやコンサートなど
ナイトライフを楽しむ季節です。
サマータイムは賛否両論ありますが猛暑のローマ(南欧)は
サマータイムはとても助かります。
観光客にとっても20時頃でも明るいと
観光時間を長くとれて助かります
早朝活動派の私はサマータイムが好きです。



20150221141625cc4 (2)
サマータイムの面倒なところは時間を変えなければならいこと
PCは自動に変わりますが、目覚ましや街中の時計はその都度
変えることになります。


RIMG0567 (1)
冬時間になると18時でも暗いので夜景散策ツァーがお薦め

ローマナビネットは、コロッセオ、バチカン、トレビの泉など
夜景散策ツァーをご案内しています。

Posted at 09:12 | 季節の話題 | COM(0) |
2018.10.21

今年のオリーブの出来はどうでしょう?

イタリアのオリーブの出来は各地の天候により大きく違います。
今年は南は余りできがよくなかったけど、トスカーナ周辺は
最高のできとのことです。


olive5_20181021083504cb9.jpg
大形の長い熊手で実をかき集めたり、木を揺さぶり実を落としたり
低い木だと、手摘みすることもあります。


olive3_20181021083510892.jpg
南イタリアは樹齢100年を超えるオリーブの樹はザラにあり
1000年を超える老樹も珍しくありません。


orive tree
トスカーナ地方のオリーブの実は南と比べ小粒で、しっかりとした風味です。



olive.jpg
オリーブの実は収穫してから速やかに絞りオイルにしないと劣化してしまいます。




isi.jpg
古代からの伝統を受け継ぎ石臼で温度を一切かけずに抽油する圧搾所も現存してます
1800年頃の石臼。1800年代は電動ではなくロバが石臼を回していました。
天空の町チヴィタディバニョレッジョでば、当時の原型を見学できます。

新エキストラバージンオリーブオイルは野性味ある香りが高く濃厚な味で
とても美味しいです。 数か月で味は穏やかになりますので
イタリア旅行のお土産に絞り立てのエキストラバージンオリーブオイルはいかが?
ローマナビネットではオリーブ摘み&圧搾所見学などご案内します。
イタリア旅行の思い出にいかがでしょう?

Posted at 09:07 | 季節の話題 | COM(0) |
2018.08.18

私のサマータイムって


サマータイムの是非が問われていますが、
イタリア(欧州)では3月末から10月末まで
1年の半分以上は夏時間。
夏期間だけでなく春から初秋までの長い期間です。
今年は3月25日から10月28日までがサマータイム。
夏の間の数ケ月だけのサマータイムにしたら体調管理不足で
バランスを崩すかもしれないけれど春から秋までの長い期間ですと
自然に体も慣れてきます。

PA230092_convert_20151025121832_20180818070512f52.jpg

サマータイム期間のメリットは20時過ぎまで明るい(イタリアでは)ので
観光やショッピングが時間を気にせずゆっくりと有効に使えること。
私は早朝活動派なのでサマータイムに賛成です。
近所の食材店は5時からオープンしているし
アリメンターリ(デリカ)や朝市は7時からオープンします。
朝を有効に使いたいですね。

20140718103715e81_201808180705148f5.jpg

ローマの早朝散歩、朝市巡りは好評プランです
ローマナビネットまでお問合せください。

Posted at 07:09 | 季節の話題 | COM(0) |
2018.02.26

ローマに大寒波襲来!雪が降る

日本はポカポカ陽気で春は隣まで来てますが、
なんと、ローマに大寒波襲来で雪が降りました。
最低気温マイナス6度!
ローマは滅多に雪は降らないのですが、異常気象?寒冷化?


coro_20180226205304a17.jpg
雪景色のコロッセオ美しい!



spi.jpg
サンピエトロ寺院(バチカン)のクーポラも雪化粧


IMG_0683.jpg
共和国広場前

ローマの町は雪に弱く、少しの雪で交通はマヒ状態
コロッセオ、サンピエトロ寺院、バチカン美術館など
主要な史蹟、美術館はお休みになります。
観光もタイヘン!
マイナス6度の極寒は28日迄で3月からは春らしい天気に戻り
3月2日は16度の予報です。 極端な季節の移ろい、イジョウですね。

イタリアの隠れた名所、ショッピングのご案内
ローマナビネットにお任せください。



Posted at 21:37 | 季節の話題 | COM(0) |