FC2ブログ
2018.10.24

インスタ映えする「ローマの休日」

ローマの「インスタ映え」スポットをご紹介します。
数年前はどこも室内写真厳禁でしたがSNSでより多くの方に
拡散してもらう方が宣伝になるとのことで
フラッシュ撮影しなければ撮影OKの建物が増えました。


永遠の名画「ローマの休日」より

colonnna.jpg
コロンナ宮殿(土曜午前のみオープン)
「ローマの休日」では記者会見場所として撮影
ハネムーンの記念にいかがでしょう?。




barnc.jpg
「ローマの休日」ではアン王女の寝室として撮影されました。



farne.jpg
ローマの休日の映画とは関係ありませんが
私のお気に入りトラステーヴェレ地区の外れにある
ヴィッラ・ファルネジーナ

ガラテアの間 LA LOGGIA D I GALATEA
ガラテアの間では、様々な画家の作品が見られます。
ラファエロが描いた「ガラテア」。
ペルッツィが円蓋に描いたアゴスティーノ・キージの占星術。
デル・ピオンボが半月の部分にギリシャ神話のシーンとポリュペーモス
1600年代のローマの学校の風景などが描かれています。
 鮮やかなコバルトブルーがとてもきれい。

訪れる観光客は少ないのでゆっくりと見学することができます。

ローマナビネットはガイドブックにあまり紹介されていない
隠れ家スポットにご案内します。



2015.05.04

ローマで「ローマの休日」を過ごす

映画「ローマの休日-暴走編3分」を観てましたら
上映当時の62年前とローマは変わってないのにビックリ



スクーターでローマを暴走するシーンです
10年くらい前まではバイクよりスクーター(ヴェスパ)は
多く走っていましたが、最近はスクーターを見かけることが少なくなりました。


P4252252_convert_20150504104823.jpg

上記の映画の中で走っているトラム(路面電車)は
まだ現役で走っています。
真実の口はもちろん撮影された宮殿も残っています。

「ローマの休日」ロケ地巡-宮殿を訪問
ローマナビネット がご案内します。


.

2014.08.22

「ローマの休日」の宮殿見学

「ローマの休日」の映画ロケに利用された宮殿巡りが人気です。

P8162404_convert_20140822100416.jpg
コロンナ宮殿
12世紀から18世紀の6世紀にかけ増改築され現在に残ってます
詳細はコロンナ宮殿のサイトに日本語説明があります。
土曜日午前中のみ一般公開(13:15最終入場)
入場料=10ユーロ

P8162411_convert_20140822100616.jpg
「映画」では報道記者会見の場として撮影されまた。

P8162406_convert_20140822101055.jpg
17世紀アルテミジア女王の生涯を綴ったタペストリーの間や礼拝堂など
今まで、未公開だった部屋が一般公開されています。

P8162407_convert_20140822100848.jpg
女王に教会新築のプレゼンをしている建築家でしょうか?。

P8042106_convert_20140822101601.jpg
こちらはコロンナ宮殿ではありません、プライベートな宮殿です。
一般観光客は入れません。
映画ではアン王女の滞在中の館でした。
寝室、舞踏会のシーンなど撮影されてます。
60年前の映画ロケ地がそのまま残っているローマです。

「ローマの休日」 ローマナビネットがご案内します。
2014.08.21

真実の口

8月のローマは大半のイタリア人はバカンスで不在で静かですが
観光客の数は衰えることなく多いです。

P8162414_convert_20140821114328.jpg
真実の口の前の行列待ち、40分はかかります

P8162416_convert_20140821114636.jpg
やっと中に入っても、ご覧の状態。

P8162420_convert_20140821114911.jpg
真実の口の前に「お布施箱」が置いてあります。
5ユーロ札を入れる人が多いのに驚き
0.20~O.50セントまでで充分です。写真撮影は一人1枚限定です。
一人参加の方は係員が撮ってくれます。

P8162422_convert_20140821115240.jpg
真実の口の写真撮影の後は、こちらの厳かな教会を通り外に出るため
半ズボン、ノースリーブでは見学不可なのでご注意ください。(肩掛けは貸してくれます)

ローマの町 ローマナビネット がご案内します。

2014.03.27

「ローマの休日」の舞台を散策してみた。

60年前に日本で上映された「ローマの休日」が今でも人気なのは
ローマの町全体を映画の中に入れた要素が多分にあるでしょう
その後のローマが舞台の映画は「ベンハー」「スパルタカス」など
有名な映画がありますが、ほとんどがスタジオで撮影されてます。
大ヒット上映中の『テルマエ・ロマエII』はブルガリアでロケされたそうだし...
ローマの魅力を最大限に引き出した映画は「ローマの休日」です。
60年後の現在でも撮影ロケ地が残っているのはオドロキです。

P3250897_convert_20140327130625.jpg
61年前の「ローマの休日」イタリア版のポスター

P3250890_convert_20140327130417.jpg
アン王女のローマ滞在中の館
この部屋を寝室に改造して使いました。
右にバルコニーがあり、外の賑やかなカンツォーネに誘われ
ローマの町に抜け出した...という設定です。

P3250894_convert_20140327130226.jpg
新聞記者=ジョー・ブラッドレーのアパートの外観
60年前の当時のままです。映画ではこのバルコニーで
門番がライフルを抱えて見張ってました。
大半の方は宮殿よりも、この原形が残っているアパートに感動されます。

rv.jpg
最後の記者会見の舞台として使われたコロンナ宮殿
この位置にアン王女が立ち、会見をしました。

「ローマの休日」の舞台を散策、ローマナビネット がご案内します。

.
2013.12.15

ローマで暮らす様に旅をする-アパート滞在

「ローマの休日」の映画の憧れ,ホテルではなくアパートに少し
暮らしてみたい、イタリアの新鮮食材で料理してみたい
そんな方に観光や買い物に便利な下町ボスケット通りのアパートをご紹介。

apb1.jpg
120平米のかなり広いアパート
10人は余裕で入れるサロン、天井は4.5mと高い
窓も大きいく明るいです。窓は二重ガラスで外の騒音は聞こえません。
こういうゆったりした部屋がイタリアのアパートです。

apb2.jpg
寝室も広いです。ホテルより快適。

apb3.jpg
機能的なシステムキッチン
食器(皿、グラス、ナイフ、フォーク)ナベ、フライパンなど
全て揃ってます。
アパートの通りにはスーパー、レストラン、ピザ屋、雑貨店などあり便利
コロッセオ、ベネチア広場まで徒歩で10分前後
Via Nazionaleのメイン通りから徒歩3分
イタリアは外食代は割高ですから、アパート滞在がお得

詳細は ローマナビネット までお問い合わせください。


2013.06.06

イタリアでジューンブライド ♪

ヨーロッパでは6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができる
・・・・という言い伝えがあります。
ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来
6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。
日本では梅雨時期にホテルを有効活用するためらしいけど。

イタリアは不景気でウエディング費用も節約です。
業者に頼まないで、出来る限り自分たちでと工夫してます
ヴィデオ撮影風景を見てみました。中々面白い演出です。

RIMG0267_convert_20130606122502.jpg

①全員を後ろ向きにして、号令をかけ一斉に振り向き
 カメラに向かって、イタリアって大きく叫んでました。

RIMG0270_convert_20130606122745.jpg

②全員を縦に並ばさせて、次々に2名が左右に離れ
 最後に新郎新婦が現れるという、玉ねぎの皮むきみたい

RIMG0274_convert_20130606123004.jpg

③ スプマンテ(イタリアシャンペン)をオープンする前に
  鳩に餌つけして、そばに寄せておき、コルクがボンっと大きい音で
  飛ぶと、鳩も驚き一斉に飛び立ち祝福してくれます。

 南イタリアらしい楽しい演出でした。
 ローマナビネットではハネムーン個人ご案内、フォトツァーもしてます。
 詳細は こちら です。
2013.05.23

コロンナ宮殿(Galleria Colonna )

世界を代表する壮麗な貴族の館の一つとして、
ヴェルサイユ宮殿のサロンに勝るとも劣らないコロンナ宮殿

RIMG0107_convert_20130522223935.jpg


<歴史>
コロンナ宮殿にある複数のウィングの建設は5世紀に渡って建造。
歴史の変遷を重ね外部も内装も建築学的に見て様々な違う様式が
繰り返し付け加えられ、施工時期のそれぞれの時代を反映しながら
宮殿全体を豪華にと建造されてきました。
1417年11月11日にオッドーネ・コロンナが教皇マルティヌス5世の
宮殿は教皇の館となる。
1600年代に入ると宮殿はバロック様式の壮大な装飾を身に着けていきます。
15世紀~16世紀までの代表的な芸術家達の最高傑作と言える芸術作品
の数々を鑑賞できます。
ピントゥリッキオ、コズメ・トゥーラ、カッラッチ、グイド・レーニ、ティントレット、
サルヴァトール・ローザ、ボロンズィーノ、グエルチーノ、ヴェロネーゼなど。


RIMG0077_convert_20130522224143.jpg
英国式庭園

RIMG0078_convert_20130522224404.jpg

大広間にはマリオ・デイ・フィオリ、ジョヴァンニ・スタンキ、
カルロ・マラッタに描かれた4つの大きな姿見があります
奥の左の部屋には絵画館の様に絵画を展示してますが中でも必見は
アンニバレ・カッラッチが16世紀頃の農夫の食事のシーンを描いた
『豆を食べる男』です
彼の作風は3世紀後のゴッホやドゥガのような印象派の画家達に影響を与えた。

RIMG2475_convert_20130522224843.jpg

アンティーク・イエロー大理石で装飾された壮麗な2本の円柱は
映画「ローマの休日」の最後のアン王女の記者会見の舞台として有名。

見学は土曜日午前中のみ/入場料12ユーロ
ローマ観光ご案内は ローマナビネット までお問い合わせください。
2013.05.05

映画「ローマの休日」を歩く

59年前に作成の永遠の名画「ローマの休日」を公開日に映画館で観た方は
ほとんど居ないでしょう。
テレビかDVDで繰り返しご覧になった方が多いのではと思います。
映画「ローマの休日」のメモリアルスポットを見学される方は多いです。
テーマを絞りローマを観光するのも楽しいです。

RIMG2449_convert_20130505004256.jpg

アン王女のローマの館として撮影されました。
アン王女は街から流れてくるカンツォーネに惹かれる様に
この館のテラスの窓からローマの町へ冒険が始まります。

RIMG2467_convert_20130505005128.jpg

ほんのりと酔ぱらって眠ってしまったのがフォロロマーノの石の上
新聞記者との出会いの場所です。

RIMG2494_convert_20130505004928.jpg

スペイン階段ではアイスクリームを食べるシーンがキュートでした。
今は階段での飲食は禁止です。

RIMG2490_convert_20130505004726.jpg

トレビの泉の前の美容院で髪を短くカットしました。
オードリーカットをローマの美容院で希望されるファンは多いです。

RIMG2471_convert_20130505105824.jpg

最後のシーンで、記者会見場として撮影されたコロンナ宮殿
今でも美しく輝いてます。

「ローマの休日」散策プランは ローマナビネット までお問い合わせください。

2012.10.24

スペイン階段にて

今週は平均28度の残暑並みの暖かさでした。
金曜日には天気が崩れ週末は雨になりそうです。
来週からはぐっと気温が下がり、4度とか...
サマータイムも終わり秋より先に冬になりそうです。

1024a3.jpg
真夏と比べ観光客も少しづつ減ってきました。

1024a1.jpg
西日が眩しい16時頃、バルカッチャの噴水にて

1024a2.jpg
ノンビリおにいちゃんと、シャイな弟、

1024a4.jpg
7時頃、観光客が居ないスペイン階段は夜より早朝がお薦め。