2018.07.16

ローマの朝市散策のお勧め

イタリア各地には朝市がありますがローマは住宅事情で
毎朝朝市に買い物する余裕がない、週末に大型スーパーで
まとめ買いする家庭が増え、残念ながら朝市は減ってます。
私は基本的に生鮮食品はスーパーでは買わない
その日の献立で必要な量だけ朝市で買ってました。
産直農家から採れたての野菜、フルーツ
おろし立ての肉や魚も。作り立てのチーズも。
私が暮らしていたトラステーベレ地区には徒歩圏内で
3つの朝市があり、値段も、取扱い品も違い
刺身用の魚はサンコシマート地区の魚屋直営店で
マグロを買ったりしてました。
肉はテスタッチョ地区が美味しく安いです。




IMG_6441-resize.jpg
ヴィットリオ駅近くにローマ最大の朝市があります
こちらはアラブ、アジア系の移民に人気の朝市でエスニック系の食材が豊富
ニンニク,生姜、ゴーヤ、オクラ、大根、白菜、長芋、ネギなど揃います。
魚も扱ってますが、鮮度がいまいちなので、避けた方が無難
養殖系はあまり買わない方がベター、近海で採れたての魚の方が安心。



IMG_6430-resize.jpg

朝市の特徴は1個単位、グラム単位で買えるので
必要以上買う必要がないので節約できます


IMG_7177-resize.jpg
ローマの中心にあるカンポディフィオーリの朝市は
地元用より観光客向けに変貌しつつありとても残念です


IMG_6436-resize.jpg
野菜をサラダ用、ミネストローネ(野菜スープ)用にカットして売ってます
ゴミ野菜が出ないから便利、
スーパーの袋詰めより安心できます。


IMG_7175-resize.jpg

日本へのお土産用にイタリア野菜の種を買って帰ります。
日本と風土が違い、育ちにくい野菜もありますが
バジル、プレッツェモーロなどの香草はベランダで植木鉢で
育てることができるのでお勧めです。

ローマナビネットは早朝の朝市散策や新鮮食材で
イタリアン料理レッスンなの人気プランをご案内しています。

2018.03.09

ローマの朝市

日本で八百屋やスーパーを廻っていると
ローマの朝市がとても懐かしくなります。
野菜もフルーツも種類が豊富で新鮮!

IMG_1959-resize.jpg
日本でバナナはビニール袋入りだけど
ローマでは山盛りに積んでます。
しかも欲しい本数だけ、1本でも房からボキってもいでも怒られません。
野菜もグラム単位で買うことができます。
いつでも必要な野菜を必要なだけ買えるから買いだめする必要なく
採れ立ての野菜やフルーツは散歩ついでに朝市で買います。


IMG_1958-resize.jpg
魚の鮮度を見抜くのは難しい、養殖は買わないようにしてます。
近海で獲れた鰯,鯖,などですね
鰯はフライにしたり南蛮漬けが美味しいです。

ローマナビネットは朝市見学&料理レッスン プランが人気です。
気になる食材を朝市で選び、クッキング先生に美味しい料理法を
教えてもらいます。 1名様でもOKお気軽にお申し込みください。

2017.05.19

ローマの朝市は楽しい

ローマの朝市見学お薦めです。フレッシュなフルーツや野菜たちから
エネルギーをいっぱい貰えます。
宿泊しているホテルから徒歩圏に朝市があったりしますよ
テルミニ駅周辺やスペイン広場、バチカン付近にも朝市はあります。
小量でも買うことができます。イタリアの新鮮を楽しんでください。




IMG_0163.jpg
野菜サラダ、野菜スープの食材が豊富、
イタリアのトマトは濃厚でジューシー、とても安い。




IMG_0164.jpg
鮮やかなパープル色のカルチョーフィ(朝鮮アザミ)
すぐに料理しやすい様に硬い皮を剥いて売ってます





IMG_0169.jpg
イタリアでは生ハムは専用包丁で手切りが人気
味が微妙に違う様です。 
200gほど切ってもらいパニーノにしました。

地元で人気の朝市へローマナビネットがご案内します。








2016.07.10

ローマの朝市散策

ローマの朝市は街の地域ごとにあります。
新鮮な野菜、果物、肉、魚、ワイン...楽しいです。
最近は共働きが増え、朝市に行く時間をとれない
大型スーパーでまとめ買いするなど
朝市は少しづつ廃れてきている様で残念です。
地域により値段は微妙に違います。
リッチな地域は割高、庶民層が多い地域は割安です。


P7063321_convert_20160707214618.jpg
スイカの隣にフンギポルチィーニが出てます。1kg=10€(1200円)と割安
産地はどこか?確認しましょう。産地により味に差があります。




P7063323_convert_20160707214807.jpg
市場の外でハーブ専門に売ってます。
自分の畑で採れたのを売っているのでしょうか?。




P7063322_convert_20160707214709.jpg
こちらは、すべて1kg=1.29ユーロ(約150円)です。
自分で選んでカゴに入れます
季節のフルーツ、野菜など選り取り見取りで外れ少なくお得です。



P7063318_convert_20160707214531.jpg
こちらは味付きオリーブ、カルチョーフィの酢漬けなど
オードブルやパスタソースの具などに使える食材が揃ってます。

朝市はスーパーでは手に入りにくい食材が安いです。
普通のお土産に飽きた方にお勧めです

朝市散策ローマナビネットがご案内します。



2016.06.19

フィレンツェの朝市は楽しい♪

イタリア各都市の町には朝市があります。
農家から届くフレッシュな野菜、フルーツ、肉、魚
朝市は地元の人たちでお賑わい
フィレンツェ駅の近くの朝市はロケーションが良く
お土産探しをする観光客に人気の朝市です。
日本人店員もいますのでお気軽に買い物を楽しめます。


P6062926_convert_20160616115505.jpg
季節のフルーツ、野菜たちが元気そうにずらっと並んでいます。
ドライトマト、トウガラシ、ガーリックなどを天井に吊っています。



P6062928_convert_20160616120325.jpg
チーズ、サラミ、ハム....デパ地下みたいに試食を楽しめます
飲食コーナーでは名物の臓物バーガーもあります。
スープ専門の店もありオニオンスープが美味しかったです。
ランチに赤ワインと楽しめそう。





P6062931_convert_20160616120948.jpg
お土産になりそうな乾物専門店
色パスタよりは少し重いからバジル、イタリアンパセリ、オレガノ、セージ
乾燥ハーブは軽くてお土産に喜ばれそうです。




P6062929_convert_20160616120830.jpg
たくさんの種類のチーズが揃ってます。
買い求める前に真空パック(sottovuoto)に梱包してくれるか尋ねましょう。





P6062923_convert_20160616115407.jpg
朝市の前には革製品の店がずっらりと並んでいます
皮の品質やサイズによく合ったのをお選びください

ローマナビネットはフィレンツェ散策もご案内します。
2016.01.10

蚤の市でスーツケースをゲット!

日曜日のローマは蚤の市がお薦めです。


P1101729_convert_20160110215641.jpg
最近のポルタポルテーゼの蚤の市は衣料品が大半ですが
掘り出しもののアンティックもあります。
私が収集しているのはヴィンテージのワインオープナーです。
昔の人はたちはワインを苦労せず開けようと知恵比べ
いろんな種類のワインオープナーを発明してます。


P1101732_convert_20160110215514.jpg
テヴェレ川の橋を渡ったテスタッチョ地区にはオーガニックマーケットがあります。
野菜、果物、チーズ、ワイン、農家が畑から採れたてを売ってます。
オーガニックのオリーブオイルはお薦めです。




P1101735_convert_20160110215354.jpg
私が買い求めたのはコレ!
日本行の飛行便はスーツケースガ2ケ運べることになりましたので
もう一つ買いたかったのです。お店で買えば80€くらいはするから
殆ど新品のスーツケース、値切りに値切って16€で買いました。

日曜日も朝市案内!ローナナビネットがご案内します。

2015.07.26

まるで中近東か中国....ローマの朝市

ローマ・テルミニ駅近く(歩9分くらい)にローマ最大の朝市があります。
ビットリオ広場の露天朝市を屋内朝市に移設した市場です。
イタリア人よりもアジア系住民に人気の朝市です。


P7253427_convert_20150726114441.jpg
大根、白菜、サトイモ、オクラ、韮、青梗菜など日本のスーパーにならぶ
食材もここでは珍しくありません。
エダマメの束(茎つき)を買ってきて、早速ビールのツマミにしました。
枝豆 =1kg3ユーロ 



P7253428_convert_20150726113715.jpg
中国・温州の鮮肉店 
日本の肉店も出店してくれたら嬉しいけど


P7253433_convert_20150726114115.jpg
魚屋は10店ほどあり一番の賑わいです
他の朝市には置いていない、蟹、鯉、鯰などもあります。



P7253431_convert_20150726113453.jpg
蝸牛 エスカルゴなら美味しそうだけど
イタリア人はどの様に調理するのでしょう?



P7253423_convert_20150726114003.jpg
モミジ (鶏足)1kg 2.5ユーロ 
イタリア人は食べないかな.......
日本で(コラーゲンたっぷりモミジの煮込みが人気とか
レシピは こちら  です。



P7253429_convert_20150726113616.jpg
私が今回、買い物に来た目的はカレー粉です。
猛暑を乗り切るにはカレー!だと。
カレールウを使わない本格的なインドカレーを作ろうと一念発起して
スパイスを買い求めにきました。これだけあると迷ってしまうけど。
カレー粉 100g=1ユーロ

ローマの朝市案内ではイタリア人に人気の朝市にご案内します。
ローマナビネット までお問い合わせください。

2015.03.13

ローマの蚤の市で「額」集めに凝ってます

蚤の市(ポルタポルテーゼ/日曜午前)で「額縁」を集めに凝ってます。
数百年前に名画が入っていたかも? というアンティックな額縁も
時々あります。高額すぎて手が出ないけど、適度な虫食いでいい感じ、
お金が溜ったら買いたいですね。


P3101590_convert_20150312130154.jpg
先週の日曜の蚤の市でみつけたのがこの額縁
アーティストがフレームデザインした1点もの 
13ユーロ(1700円くらい)

P3121613_convert_20150312201058.jpg
絵をいれるためではなく、猫でもなく
鏡をいれました。 ブルーの壁にあうフレームを探していたのです。
いかがでしょう? 

ローマナビネットは日曜の朝、蚤の市やファマーズマーケット、
オーガニック専門店などの散策ご案内もサポートします。
2015.01.15

ローマの朝市は楽しい

私がほとんど毎朝、買い物する朝市は自宅から6分の
テスタッチョの市場です。
土曜日以外は混雑していなく、スペースが広いので
買い物しやすい、新鮮で種類が多いなど
靴、衣類、雑貨も安く便利 です。

P1150749_convert_20150115224319.jpg

冬が旬の野菜:カルチョーフィ(アーティチョーク)
料理法は、生でサラダ、フライ、煮るなど、各家庭のレシピがあります。
すぐに食べて見たい方は市場内のフードスタンドでローマ風カルチョーフィを
食べることができます。1ケ=4ユーロ

P1150751_convert_20150115224234.jpg

普段飲みするワインは朝市で量り売りで買います
カベルネ(赤)やソーヴィニヨン(白)など750mlで3ユーロとお得!
グイグイと遠慮なく飲めるのが嬉しい。
市場内にグラス飲みできるスタンドもあります
かなり美味しいワインで
グラスで2ユーロ、ノドが渇いた時に飲んでます

P1150753_convert_20150115224628.jpg

こちらも冬が旬の野菜プンタレッリ
チコーリア(メリケンサラダ)の種類です。
ローマではキンピラゴボウの様にカットして
アンチョビ、オリーブオイル、ガーリックを
混ぜたドレッシングで食べます。

P1130740_convert_20150115224523.jpg

旅行のお供にお薦めが、これです
ポン酢醤油もみじおろし入り...万能!
イタリアのあらゆる野菜、魚、肉にかけると一瞬にしてエレガンス和風味に変身
上の写真のプンタレッリもアンチョビソースよりポン酢の方が絶対美味!
イカのグリルにかけても美味しい!生醤油よりもお薦め!


P1150762_convert_20150115223921.jpg

テスタッチョの朝市は、生鮮食品だけでなく、シチリアのドルチェの製造販売
キッチン雑貨、コスメ、衣料、靴など、品揃え豊富です
靴は一般店より60%ほど安い、サイズが揃えばお得です。

 ローマの台所 ...朝市案内 人気コースです。
 ローマナビネット までお問い合わせください。

.

2014.11.17

ローマの日曜の朝は市場巡りがお薦め

ローマの日曜の朝は市場巡りがお薦め
最近は日曜でもオープンする店が増えています
日曜だからショッピングを楽しめない..  ということはありません。

PB161869_convert_20141117080816.jpg
まずはポルタポルテーゼの蚤の市
不景気を反映しているのか、全体に値段が下がってます。
イタリア製を確認して選びましょう

PB161871_convert_20141117081130.jpg
シルバーのナイフ、フォークがお薦め
パスタを食べるにはフォークはしっかりしている方がエレガント。
ペラペラよりほどよい重さも大切なポイント。

PB161889_convert_20141117081912.jpg
私が本日購入したのはスマホカバー
100種を超えるデザインから型にあったのを選びました。
専門ショップだと15ユーロくらいだけど、蚤の市では4ユーロでした。

PB161876_convert_20141117081353.jpg
蚤の市から歩いて6分くらいのところにBIO(オーガニックマーケットがあります。
きょうは新・オリーブオイルを買いにきました。
今年はオリーブオイルは全滅に近いほど不作で
レストランはスペインやギリシャから取り寄せるほど足らないです
ローマ付近は比較的天候がよかったので昨年通りの収穫とのこと
市場ですと味見をして買えるから失敗がない
香り、味、を確認して好みを選びます。

PB161882_convert_20141117081542.jpg
私が購入したのはこちら
左は2014年のオーガニックなノベッロ(新ワイン)100%サンジョベーゼ種=5ユーロ
右は2014年収穫のオーガニック新・エキストラバージンオイル(1L=12ユーロ
昨年より3ユーロ高い。お求めやすい小缶入りもあります。
* 日本ですと今年収穫のイタリア産オーガニック・エキストラバージンオリーブオイル
 1L瓶入りで8000円~10000円はします。250ml入りでも4000円はします。
 イタリア料理が好きな方のお土産に大喜びされることでしょう。

ローマ散策&ショッピング ローマナビネットがご案内します。