FC2ブログ
2023.01.24

■□ お知らせ ■□

ローマナビネットは個人旅行をサポートします。


イタリア、ヨーロッパへ旅行をご予定の方ご相談ください。
 
永遠の都・ローマよりイタリアやヨーロッパの最新情報を
千年の都・京都から美しい風景をお届けします。
 素敵な思い出のご旅行のお手伝いをいたします。


こちらに掲載の画像・テキストなどの全部または一部を
 無断で複写することを堅く禁じます
 ☆ 提携、取材、コーディネート、各種サポートご希望の方はご連絡ください。
ホームページ:https://rome-navi.net/   ローマナビネット

Posted at 05:04 | ご挨拶 |
2018.10.12

秋のアッピア旧街道のワイナリー

10月の始めは葡萄収穫、ワインの仕込みで賑わいます。
葡萄の葉が紅葉で染まる前にローマ近郊のアッピア旧街道沿いの
ワイナリーを訪問しました。



ロレーナ-resize
イタリア人女性ソムリエのロレーナの案内で廻りました。
Msロレーナは料理研究家でもあり料理レッスンの講師もしています。
元オペラ座専属合唱団でもあり、チェンバロ弾きの奏者という
マルチタレントの持ち主。



ロレーナオリーブ-resize
こちらはオリーブの樹、トスカーナ地方は最高の出来でしたが
ローマは天候の影響であまり芳しくないようです。




醸造所ワイン-resize
葡萄の収穫の最盛期です。



葡萄かす-resize
葡萄の絞り滓の山。
この搾りかすでグラッパを作ることもできます。



ランチ-resize
フラスカティ地方のワイン工場兼エノテカでのビュッフェランチ
季節の野菜、生ハム、チーズなど好きなだけ盛れて楽しみです。


ローマ発ワイナリーは、オルヴィエート、モンタルチィーノワイナリーなども
お薦めです。 ローマナビネットまでお問い合わせください。
Posted at 09:31 | ワイナリー | COM(0) |
2018.09.08

夏の終わりのお薦めパスタ

ローマの朝市で買ったバジルの種、夏の始めに植えたら
立派に咲きました。
バジルを植えたのは自宅でジェノベーゼパスタを食べたいから

IMG_7996-resize.jpg
下の方の葉を15枚ほど採ってミキサーで砕きました。


IMG_8001-resize.jpg
日本では松の実は高いし希少だから、アーモンドで代用しました。
粉チーズはローマのスーパーで2ユーロでゲット
これらをバジルの葉を砕いたのと混ぜオリーブオイル、塩を
いれてハンドミキサーでよくミックスします。
(ガーリックはお好みで入れてください)
火を使わないパスタソースです。


IMG_8000-resize.jpg
完成しました。
フレッシュなバジルは香が高く味を引き立てます。
バジルが手に入らない場合は青じその葉でも代用できます。

イタリア料理はコツさえつかめば簡単です。
ローマでは手打ちパスタの料理レッスンが人気です
ローマナビネットまでお問い合わせください。
2018.08.18

私のサマータイムって


サマータイムの是非が問われていますが、
イタリア(欧州)では3月末から10月末まで
1年の半分以上は夏時間。
夏期間だけでなく春から初秋までの長い期間です。
今年は3月25日から10月28日までがサマータイム。
夏の間の数ケ月だけのサマータイムにしたら体調管理不足で
バランスを崩すかもしれないけれど春から秋までの長い期間ですと
自然に体も慣れてきます。

PA230092_convert_20151025121832_20180818070512f52.jpg

サマータイム期間のメリットは20時過ぎまで明るい(イタリアでは)ので
観光やショッピングが時間を気にせずゆっくりと有効に使えること。
私は早朝活動派なのでサマータイムに賛成です。
近所の食材店は5時からオープンしているし
アリメンターリ(デリカ)や朝市は7時からオープンします。
朝を有効に使いたいですね。

20140718103715e81_201808180705148f5.jpg

ローマの早朝散歩、朝市巡りは好評プランです
ローマナビネットまでお問合せください。

Posted at 07:09 | 季節の話題 | COM(0) |
2018.08.15

イタリアの8月はご用心

8月は2/3くらいのイタリア人はロングバカンスを取ります。
特に8月15日前後はお店もレストランまでお休みになります。
8月は病気や事故に遭わないよう特に注意しています。
なぜか、医者もバカンスで居なくなり、不足します。
公共交通機関の事故が増えたり、電車の遅延が増えるのも8月
定期点検するスタッフも休んじゃうからです。


5b68487df33d5-resize.jpg
8月6日ボローニャ、高速道路でタンクローリーが爆発
渋滞するトラックの列に、タンクローリーが減速しないまま追突し、爆発大炎上


-N7pjEpA-resize.jpg
8月14日 ジェノバ北部(高架橋が崩落 車多数巻き添え )
 幹線道路の橋が崩落し、通行中の車などが巻き込まれた。
 崩落したのは川や鉄道の上にかかる高架橋
車30台ほどが通行していた。(朝日新聞提供)
Posted at 14:52 | 最新情報 | COM(0) |
2018.08.11

ローマでチーズのお土産ゲット!

イタリアからのお土産は必ずチーズを買います。
日本では種類は少ないし、とても高価だから喜ばれます。
ローマでも美味しいチーズが揃います。

IMG_7307-resize.jpg
ローマ市内のアリメンターリ(デリカテッセン)
上の棚はベーコン類、各種チーズがあり
下の左はアンチョビ〈イワシの塩漬け)隣は干し鰊、黒いのはオリーブです。


IMG_7309-resize.jpg
この筒の陳列は何?
ペコリーノ(羊)のチーズです。劣化しないように包んでます。
一かけら買ってみました。若くて、塩分が強いチーズでした。


IMG_7308-resize.jpg
トラステーベレ地区でチーズが評判のアリメンターリをみつけました。
各種チーズを200グラムづつ真空パックしてもらいました。
店員さんいわく、「日本に帰国したらすぐに真空パックの包装は外して
少し固めの紙に包んで冷蔵庫で保管してくれ」と
真空パックのままではチーズの味は落ちてしまうとのこと。


ローマナビネットはガイドブックに載っていない隠れ家スポットにご案内します。
2018.08.08

トリノ駅に降りてみた

バローロワイナリー視察を終えローマに戻る途中の
乗り換えトリノ駅、少し時間があったので駅前を歩いてみました。

IMG_6640-resize.jpg
トリノの町は数回来た事がありますが、駅前を歩くのは初めて
観光客よりビジネスマン、学生が多いですね


IMG_6652-resize.jpg

トリノからローマまで特急で4時間半
トレニイタリア特急のエコノミークラスノーマルチケットは98ユーロですが
SuperEconomy(早割チケット)なら55.90ユーロ
さらに、イタロ特急の早割エコノミークラスなら19.90ユーロです。
当然ながら一番お得なイタロを利用しました。
トレニイタリアとイタロの大きな違いは、トレニイタリアはバールがあり
軽食や喫茶ができること、イタロは自販機しかありません。
長時間の鉄道旅なので、事前に水、サンドイッチ、スナック菓子などを
駅構内の売店で用意しました。

IMG_6651-resize.jpg

トリノ駅前はアーケードにお店やレストランが並び散歩に退屈しません。

IMG_6650-resize.jpg

トリノはチョコレートが有名、お菓子も美味しそう!!

イタリアは早割チケットで鉄道で気楽な旅を楽しむことができます
ローマからヴェネチアまでも19ユーロです。
ローマを拠点として日帰りも可能です。

個人旅行のご相談、チケット購入のサポート
ローマナビネットがお手伝いします。

2018.08.06

ローマ郊外チェルベトリのワイナリー訪問

イタリアにはワイン用の葡萄の種類、は1000種以上あります。
各地域により土壌、風土が異なり、土地に最も適した葡萄を
栽培しています。
地元の方にとっては生まれ育った大地で作ったワインはもっとも
体に合い、一番好まれるワインでありリーズナブルな価格です。
しかし、海外の方が好むとは限りません。
より多くワインを得るためにはグローバルな人気のワインを
作らなければ売れません。
例えばカベルネ、シャルドネとか.....土壌改良してでも。
それでも頑固に地元に愛されるワインを作っているのが
こちらチェルベトリ産のワインです。

11-resize.jpg

チェルベトリはローマ時代以前の古代エトルリア文明時代に栄えた土地で
古代よりワインを造っていました。

budou.jpg

土壌はミネラルが豊富で葡萄栽培に適し、
クオリティの高いワインが産まれてます。


GIACCHE VERTICALE-resize

チェルベトリ地方のワイナリーはローマ郊外にありますが
主にチビタヴェッキア港に着く大型クルーズ船の外人観光客に
ワイナリー見学ツァーとして人気です。

ローマナビネットはイタリア各地の人気ワイナリーにご案内しています
イタリアの田舎訪問などと併せてお薦めする日帰りプランです。
Posted at 07:12 | ワイナリー | COM(0) |
2018.07.31

カラヴァッジョの「洗礼者聖ヨハネ」を観にトラステーベレへ

ローマの美術館を代表するバチカン美術館は予約が困難になるほど
いつでも大混雑ですが、小さな美術館は、ほとんど観光客がいない
とても静かで傑作名画をゆっくりと鑑賞することができます。
トラステーヴェレ地区の外れにある国立コルシーニ宮美術館は
(Galleria Nazionale di Palazzo Corsini)は15世紀に建造
後期バロック様式の宮殿です。
入場料はバルベリーニ宮殿と共通券で12€です。
今回はバルベリーニ宮殿に見学の予定は無いので
なんとか値切って半額の6ユーロにしてもらいました。





IMG_7262-resize.jpg

14~18世紀のイタリア絵画中心に収集されています。


IMG_7260-resize.jpg

宮殿だけあり天井のフレスコ画まで凄いです。
宮殿見学だけでも大満足。
中心の絵はグイド・レーニの「洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ」


IMG_7258-resize.jpg

お目当てはこちら!カラヴァッジョの「洗礼者聖ヨハネ」
1604年頃の作品

IMG_7256-resize.jpg

近づいてアップして撮影しました。
光と影、赤と白を巧みに描いてます。

ローマナビネットはガイドブックに余り紹介されていない
隠れスポットにもご案内します。

Posted at 06:43 | 散歩道 | COM(0) |
2018.07.23

京都で熱中症でダウン

京都は連日40度近くの猛暑続き、午前中の涼しい時間帯に90分ほど
歩きましたら翌日から強烈な眩暈と嘔吐、熱中症に罹りました。
塩水飲んで体を冷やしながら静養していたらだいぶ楽になってきましたが
ちょっとの油断、怖いですね。

IMG_3691-resize.jpg

今年の祇園祭は残念ながら見学に行けなくて静養してました。


IMG_7174-resize.jpg

ローマの8月は連日40度超えの猛暑日が続くけど
ローマっ子も観光客も日本の様な熱中症にならないのが不思議
炎天下の中3時間も歩いて観光しているのに。
しかも未だにクーラーがないアパートが大半
逆にクーラー慣れしていないから適度に汗を放出し体温調整できるのかも。

P5122568_convert_20150513131405_201807230704410de.jpg

8月にイタリア旅行される方はご用心ください
充分にミネラルウオーターの補給を。
カプリ島の青の洞窟はボートの上で90分待ちも珍しくありません。


Posted at 07:16 | ご挨拶 | COM(0) |